お迎え初日の子犬は夜泣きをするもの?夜泣きはいつまで続く?

2023年9月12日

※この記事では広告を表示しております。

お迎え初日の子犬は夜泣きをするもの?

お迎え初日の子犬は夜泣きをするもの?その理由は?

子犬の夜泣きはいつまで続く?

子犬の夜泣きの期間を短くする方法とは?

子犬の夜泣きが突然始まる理由は?

こんな子犬の夜泣きの期間や理由に関する疑問についてご紹介いたします。

お迎え初日の子犬は夜泣きをするもの?その理由は?

お迎え初日の子犬の夜泣き

お迎え初日の子犬は夜泣きをするのが一般的

子犬をお迎えした初日から子犬が夜泣きをしてしまうと

  • どこか調子が悪いのかな?
  • お腹が空いているのかな?
  • 寒いのかな?暑いのかな?

など色々と不安になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、お迎え初日の子犬の夜泣きに対しては、そこまで心配しなくても大丈夫です。

というのも、お迎え初日の子犬は夜泣きをすることが一般的と考えられています。

子犬は生まれて間もない頃から母犬や兄弟犬と一緒に過ごし、常に周囲に他の犬や人間の存在を感じながら生活しています。

そんな子犬が、お迎え初日に新しい環境に突然連れてこられると、寂しさや不安を感じて夜泣きをすることがあります。

特に夜間に家族が寝静まってしまうと寂しさや不安が増大するのでしょう。

お迎え初日の子犬が夜泣きをした場合には、寂しさや不安を感じていないか確認してみましょう。

子犬が落ち着いて眠れるようにサークルやケージ内に飼い主の匂いがする毛布やタオルを敷いたり、寝るまで一緒に遊んで疲れさせたりしてあげましょう。

お迎え初日は未知の音や匂いに不安を感じている

新しい家には、子犬にとって未知の音や匂いが溢れています。

家の中の機器の音や、外の音、他のペットや家族の匂いなど、これまで経験したことのない刺激が子犬を不安にさせることがあります。

大きな音や刺激の強い匂いはできるだけ子犬から遠ざけ、子犬が安心できる環境を維持してあげましょう。

トイレの要求による夜泣きもある

子犬が夜泣きをする別の理由として、トイレの要求も考えられます。

特にお迎え初日は、新しい環境に適応する過程で、食事の変化や移動によるストレスでお腹を壊すこともあるため、夜間にトイレの要求が強くなることが考えられます。

また、子犬は成犬よりも排泄の回数が多く、膀胱や腸がまだ未発達なため、トイレを我慢できずに夜泣きをすることが多くなります。

少しずつでもトイレの回数や排泄のタイミングを把握し、夜泣きをする前にトイレに連れて行ってあげるようにしましょう。

これらの理由を考慮すると、お迎え初日の子犬の夜泣きはある意味当然な反応とも言えます。

子犬の夜泣きはいつまで続く?

子犬の夜泣きはいつまで続く?

子犬の夜泣きは生後6ヶ月頃には治る

子犬の夜泣きは、一般的に生後6ヶ月頃までには治まってくるといわれています。

しかし、個体差があり1歳になるまで夜泣きが続く子犬もいます。

また、子犬の夜泣きの期間は、犬種やそれぞれの性格、飼い主の対応、環境など多くの要因によって異なりますが、一般的には以下のような傾向があります。

順応期間の子犬の夜泣き

子犬は新しい家や家族に慣れるための順応期間を必要とします。

この順応期間中は孤独感や寂しさなどから起こる夜泣きが最も多い期間とされています。

多くの場合、順応期間による夜泣きの期間は数日から数週間です。

お迎え初期の段階で適切なケアや環境の整備、定期的な生活リズムを維持することで、子犬は安心感を持ちやすくなります。

犬種や性格による違いからの夜泣き

一部の犬種や神経質な性格の子犬は、夜泣きが長く続くことが一般的です。

反対に適応力の高い犬種や落ち着いた性格の子犬は、夜泣きが短期間で収まることもあります。

このような理由からの夜泣きは犬の個体差によるものが大きいため期間を定めるのが難しいものです。

飼い主の対応の違いによる夜泣き

飼い主の適切な対応も夜泣きの期間に大きな影響を与えます。

例えば、夜泣きのたびにすぐに子犬の元へ行ってしまうと、子犬は夜泣きをすることで飼い主の注意を引き付けることができると学習してしまい、夜泣きが長期化するリスクがあります。

夜泣きの理由をしっかり理解し、正しい対処をすることが求められます。

健康状態の悪化による夜泣き

稀に子犬の夜泣きが健康上の問題から起きている場合もあります。

持続的な夜泣きや他の異常な症状が見られる場合は、獣医に相談することをおすすめします。

多くの子犬の夜泣きは、新しい家や家族に慣れる初めの数週間がピークで、その後は次第に減少していきます。

しかし、その期間や頻度は上記のような要因によって異なるため、具体的な期間を一概に定めることは難しいものです。

飼い主としては、子犬の夜泣きの原因や状況を理解し、適切な対応をすることが大切です。

子犬の夜泣きの期間を短くする方法とは?

子犬の夜泣きの期間を短くする方法

飼い主としては、できるだけ子犬の夜泣きの期間は短くしてあげたいものです。

夜泣きが長引けば、子犬の睡眠不足や飼い主の寝不足につながることもあります。

また、夜泣きを無視することがかわいそうと感じてしまうこともあります。

そのために子犬の夜泣きをできるだけ短くできる方法を取り入れてみましょう。

子犬の夜泣きの期間を短くする方法としては

  • 子犬が安心できる環境を整える
  • 子犬が不安や寂しくならないようにする
  • トイレトレーニングをしっかり行う
  • お腹が空かないようにする
  • 夜泣きの原因によっては無視をする

などが挙げられます。

子犬が安心できる環境を整える

子犬は、新しい環境に慣れるまでに時間がかかります。

そのため、子犬が安心して眠れるような環境を整えることが大切です。

具体的には、子犬が一人でも安心して眠れるような寝床を用意したり、子犬の匂いがついたものを置いたりしましょう。

子犬が安心して眠れるような、小さくて暗い寝床を作ってあげるもの良い方法の一つです。

子犬用ベッドやケージを使うのもよいでしょう。

また、子犬がトイレに行きたくなったときにすぐに行けるように、トイレを寝床の近くに置いておくのもよいでしょう。

子犬が不安や寂しくならないようにする

子犬はまだまだ寂しがり屋な面を持っています。

そのため、飼い主が見えなくなると不安や寂しさを感じて夜泣きをすることがあります。

子犬が安心して眠れるように飼い主が一緒に寝たり、飼い主の存在を感じられる距離で寝かせてあげましょう。

また、子犬が一人でも安心して眠れるように、子犬を寝かしつけるときには優しく声をかけたり、撫でてあげたりするようにしましょう。

トイレトレーニングをしっかり行う

子犬のトイレトレーニングがしっかりできていないと夜中にトイレに行きたくて夜泣きをすることがあります。

そのため、トイレトレーニングをきちんと行うことが大切です。

具体的には子犬がトイレで排泄できたら、しっかりと褒めてあげましょう。

また、子犬がトイレを失敗したときは、叱らずにトイレの場所を教えてあげましょう。

子犬が寝る前にトイレに行く習慣を作ることも大切です。

子犬がお腹が空かないようにする

子犬は成長のためにたくさんのエネルギーを必要としています。

そのため、子犬が夜中にお腹を空かせないように、成長に合わせてしっかりとした食事の管理をしてあげましょう。

夜泣きの原因によっては無視をする

夜泣きの度にすぐに対応してしまうと、子犬は鳴くことで飼い主の注意を引き付けることができると学習してしまいます。

無視することで子犬に「鳴いても飼い主がすぐに来るわけではない」ということを理解させることも大切です。

これらの対策を試しても夜泣きが続く場合には、獣医師に相談してみるのもよいでしょう。

子犬の夜泣きが突然始まる理由は?

子犬の夜泣きが突然始まる理由

いままで夜泣きをしていなかった子犬が突然夜泣きをするようになってしまうこともあります。

突然子犬が夜泣きをするようになると飼い主としては非常に心配になってしまうものです。

子犬の夜泣きが突然始まる場合には、次のような理由が考えられます。

  • 怪我や体調不良
  • 環境の変化
  • 恐怖やストレス
  • 分離不安
  • 生活リズムの変化
  • 成長に伴う変化

怪我や体調不良

子犬が痛みを感じる場合や体調を崩している場合に不安や不快感から夜泣きを始めることがあります。

食欲がない、下痢や嘔吐がある場合などは獣医に相談することが必要です。

環境の変化

突然の家のレイアウトの変更や引っ越し、家族構成の変化など子犬の生活環境に大きな変化があった場合に、それが原因となり夜泣きを始めることが考えられます。

恐怖やストレス

雷や花火、高い音や突然の訪問者など、子犬が恐れるような出来事や状況があった後に夜泣きが始まることがあります。

分離不安

飼い主との絆が深まるにつれて、子犬が一人での時間を不安に感じるようになることがあります。

特に飼い主がしばらく家を留守にした後などに夜泣きが始まることが考えられます。

生活リズムの変化

散歩の時間や食事の時間など、子犬の日常のリズムが大きく変わったことが原因で夜泣きを始めることがあります。

成長に伴う変化

子犬が成長する過程で、体や心の変化が起こることがあります。

例えば、歯が生え変わる時期や思春期には、不安や痛みを感じやすくなり、夜泣きの原因となることがあります。

突然の夜泣きは、飼い主にとっても驚きや困惑を感じるものですが、その背後には子犬の感じている何らかの不快感や不安が存在することが多いものです。

原因を正確に把握し、適切な対応をとることで、子犬の夜泣きを和らげることができるでしょう。

子犬の夜泣きの期間まとめ

子犬の夜泣きの期間
  • お迎え初日の子犬は夜泣きをすることが一般的と考えられているので過度な心配はいらない。
  • 子犬の夜泣きは一般的に生後6ヶ月頃までには治まってくるといわれているが、個体差があり1歳になるまで夜泣きが続く子犬もいる。
  • 子犬の夜泣きは原因によって期間が変わるもので、寂しさや孤独感などの夜泣きは適切な対応で期間を短くすることができる。
  • 子犬の夜泣きが突然始まる場合には、痛みや不安を感じていることが多いため無視せずに適切な対応をすることが大切。

今回は子犬の夜泣きの期間に関する疑問についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の寝床と睡眠
-