犬が寝る時にケージで鳴く?ケージは閉める?それとも開けておく?

※この記事では広告を表示しています。

犬が寝る時にケージで鳴く

犬が寝る時にケージで鳴く時の理由と対処法は?

犬が寝る時にケージを閉めるメリットとデメリットは?

犬がケージで寝る時のトイレはどうする?

犬が寝る時にはケージに布や毛布を被せると良い?

こんな犬が寝る時にケージに入れる際の疑問についてご紹介いたします。

犬が寝る時にケージで鳴く時の理由と対処法

犬が寝る時にケージで鳴く

犬が寝る時にケージで鳴くのは、寝る環境の問題や犬自身の問題などが考えられます。

寝る環境とは、ケージが置いてある部屋やケージに理由があることです。

  • 室温が犬に適していない
  • 明る過ぎる
  • 人の気配や音が気になる

など、何かしらに不満要素があると犬は落ち着かず鳴いてしまう事があります。

犬が落ち着いて眠れるよう室温の調整、部屋の明かりや音に配慮をして部屋の環境を整えてあげましょう。

なるべく人の出入りを避けたり、ケージに布をかけることもおすすめです。

ケージの問題では

  • ケージの中が汚れている
  • 犬用の布団が合わない

などが考えられるので、ケージの中が汚れていないか、布団が合っているか一度、確認すると良いでしょう。

犬がケージで寝る時にケージで鳴く理由には、犬自身に理由があることも考えられます。

  • 眠くなく遊びたい
  • トイレに行きたい
  • 寂しい

などが挙げられます。

眠くない、トイレに行きたいという理由である時にはトイレに行かせたり、日中の散歩の時間をしっかりとるなど体力を使うことで対処できます。

犬が寂しさを感じる時には、お気に入りのぬいぐるみなどをケージの中に入れてあげたり、飼い主の匂いのするものを入れてあげることで落ち着かせることができます。

また飼い主の気配を感じられる距離にケージを置いてあげるのも良い方法です。

ストレスを抱えている時でも鳴く場合があるので、散歩はストレス発散にも効果的です。

犬が寝る時、ケージで鳴く理由に病気の場合も考えられるのでその場合には犬の体調の様子の変化をしっかり見なければいけません。

変化を観察したうえで、動物病院への受診をしましょう。

老犬の場合には、認知症も考えられます。

犬が寝る時にケージで鳴く時には、まず鳴く理由を考えてあげることが大切です。

犬が寝る時にケージを閉めるメリットとデメリット

犬が寝る時はケージを閉める

犬が寝る時にケージを閉めるメリットは、家の中にある小さなものの誤飲や配線をかじるなど事故やケガを防ぐことです。

寝る時にケージに入れていないと犬は自由に動き回ることができるので飼い主さんが寝ている間に起きて動き回ることも考えられます。

いたずらをして誤飲やケガなどが起こっても気がつくのが遅れてしまいます。

もう一つのメリットは、災害や移動時、旅行時や留守番時など犬をケージに入れなければいけない時にスムーズに入ってくれるようになることです。

普段の生活でケージを閉めることに慣れておくといざという時のしつけにもつながります。

犬は野生の頃、ほら穴で生活していたので習性として暗くて狭い場所を好みます。

犬本来の生活に近づける意味でも犬が寝る時にケージを閉めることは、犬の落ち着いた環境の確保にもなりストレスの緩和やリラックスが心身の健康につながります。

一方デメリットですが、犬が寝る時ケージを閉めることで飼い主さんと一緒に寝たい、甘えたいと感じている犬や飼い主さんと離れることに不安を感じる犬は、精神的に不安定になってしまう場合があるかもしれません。

そんな時には寝る時以外の時間で犬と触れ合う時間を作ったり遊んだり犬が安心できる環境や関係を築くと良いでしょう。

また、犬が早起きした際に飼い主さんが起きているとも限らないので、しばらくの間犬がケージの中で過ごすことになります。

そういった場合に犬が自由に出入りできないことでストレスを感じてしまうことがあります。

犬が寝る時にケージを閉めることでストレスを感じてしまう場合は、寝る時以外の時間をうまく使って犬のストレス解消に努めましょう。

犬がケージで寝る時のトイレはどうする?

犬が寝る時はケージを閉める

犬のきれい好きは巣穴で暮らしていた習性の一つで、寝床でもある巣穴の中は汚さずに常にきれいに保っています。

つまり犬はきれい好きであるため、犬のケージもきれいである方が犬にとってはストレスがかかりません。

犬がケージで寝る時は汚れやすいトイレは本来ならば、近くにない方が犬にとっては快適です。

しかし、犬が寝る時にトイレをゲージから離れた場所に毎日移動することはが大変なので、なるべく寝る場所から離れた場所にトイレを置くようにしましょう。

トイレの清潔さを保っておくことはもちろん、犬が寝る場所が分かるようにベットを用意してあげることでトイレから離れて眠れる環境が整います。

清潔面から犬がケージで寝る時、トイレは近くに置いておかない方が良いですが犬によってはトイレを気に入り寝床として寝てしまう犬もいるかと思います。

その場合は、無理にトイレをゲージ外の場所に置かないようにしましょう。

犬にとって落ち着く場所がなくなってしまい、ストレスがかかります。

犬が寝る時にはケージに布や毛布を被せると良い?

犬も私たち人間と同じように安心して眠れる環境を必要としています。

そのため、ケージに布を被せることは、犬にとって外からの刺激を遮り、より安心して眠ることができる環境を作る助けとなります。

布を被せることで、ケージの中が暗くなり、犬がリラックスすることもできます。

布や毛布には保温効果があるため、寒い季節には犬の体温を保つ役割も果たし、犬が快適に眠ることができます。

ケージやクレートに布を被せる際には、犬が噛んでも破れない丈夫な布を選ぶ必要ようにしましょう。

また、通気性の良いものを選び、犬が呼吸しやすいように隙間を開けるなどの気遣いも必要になってきます。

犬の性格によっては、ケージに布を被せるのが苦手な場合もありますので、そのような時には無理に布を被せず、犬が安心して眠れる他の方法で環境を整えることが大切です。

ケージに布を被せるメリットとデメリットは?

ケージに布を被せるメリットとデメリットについて今一度整理してみましょう。

ケージに布を被せるメリットには

  • 犬が落ち着く
  • 周りが明るくても犬が眠りやすい
  • 寒い時期には保温効果がある

などが挙げられます。

メリット①犬が落ち着く

犬のケージに布を被せる事で音や光などケージの外からの刺激を緩和させる効果があります。

外部からの刺激が減る事で犬が安心出来る環境が整うため、リラックスする事ができます。

特に好奇心旺盛で活発な犬や神経質な犬には有効な方法です。

メリット②周りが明るくても犬が眠りやすい

ケージを飼い主の目の届く所に置くと、どうしても照明の明るさが犬の睡眠を妨げてしまう事があります。

また、日中のお留守番などでも窓からの光が明る過ぎることもありますので布を被せる事で暗がりを作る事ができます。

メリット③寒い時期には保温効果がある

毛布や布には保温効果があるため、ケージにかけてあげる事で寒い時期の保温効果を高めてくれます。

ケージに布を被せるデメリットには

  • ケージ内の空気がこもる
  • ケージ内の温度が上がってしまう
  • ケージ内が暗すぎて犬が不安を感じてしまう
  • ケージが汚れやすくなる

などが挙げられます。

デメリット①ケージ内の空気がこもる

布でケージを完全に覆ってしまうと、中の空気がこもりやすくなり、臭いなども強くなってしまいます。

よって定期的な換気や新鮮な空気を取り込む工夫が必要となってきます。

デメリット②ケージ内の温度が上がってしまう

布は熱を逃がしにくいため、夏場にはケージ内が暑くなりやすく、犬が過ごしにくくなる可能性があります。

ケージに布をかける際にはケージ内の温度管理にも気をつけなければなりません。

デメリット③ケージ内が暗すぎて犬が不安を感じてしまう

犬の性格によっては暗さが犬にストレスを与える場合があります。

特に長時間、暗い状態で過ごすと犬のストレスがたまることが考えられますので、布をかける際には犬の反応もしっかり確認してあげましょう。

デメリット④ケージが汚れやすくなる

布は汚れやすく、匂いが付きやすいため定期的な洗濯が必要です。

洗濯を怠るとケージ内の環境が悪化する可能性があります。

ケージに被せるのに最適な毛布や布がない場合には、ケージカバーなどが販売されていますので、そのようなものを購入すると良いでしょう。

犬がケージで寝る時の疑問まとめ

犬がケージで寝る時
  • 犬が寝る時にケージで鳴く時の理由が寝る環境の場合は、環境に配慮して落ち着く環境を整える
  • 犬が寝る時にケージで鳴く理由が犬自身にある場合は、散歩や遊びでストレスを発散させたり原因を解消できるよう働きかける
  • 犬が寝る時にケージを閉めるメリットは、家の中での事故やケガのリスクを減らしケージに入らなければならない時にスムーズに入ってくれる
  • 犬が寝る時にケージを閉めるデメリットは、甘えたい犬や離れることが不安な犬は精神的に不安定になる場合もある
  • 犬がゲージで寝る時にはトイレをゲージ外に置くことが最良ですが、難しい場合にはゲージ内で寝る場所からなるべく離れた場所に置くほうが良い

今回は犬が寝る時にケージに入れる際の疑問についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

よく読まれている記事

犬はクレートで寝る? 1

犬が寝る時はクレートを閉める? 犬をクレートで寝かせる時の水やトイレは? 犬の寝床をクレートにするメリットとデメリットは? 犬は夜何時間くらいクレートに入れるのがいい? こんな犬をクレートで寝かせる時 ...

犬が寝る時にケージで鳴く 2

犬が寝る時にケージで鳴く時の理由と対処法は? 犬が寝る時にケージを閉めるメリットとデメリットは? 犬がケージで寝る時のトイレはどうする? 犬が寝る時にはケージに布や毛布を被せると良い? こんな犬が寝る ...

犬がご飯に集中しない? 3

犬がご飯を途中でやめるのはなぜ? 犬がご飯を途中でやめた時は片付ける? 犬がご飯に集中しない時の対処法は? こんな犬がご飯に集中しない理由と対処法についてご紹介いたします。 犬がご飯を途中でやめるのは ...

ドッグフードを砕く 4

ドッグフードを砕くメリットは? ドッグフードを砕くのに百均のアイテムは使える? ドッグフードを簡単に砕く方法は? ドッグフードを砕くミキサー、ドッグフードクラッシャーとは? こんなドッグフードを砕く時 ...

犬のおもちゃコング 5

犬のおもちゃコングで事故は起こる? 犬のおもちゃコングのデメリットは? 犬のおもちゃコングの正しい使い方は? こんな犬のおもちゃコングのデメリットや事故に関する疑問についてご紹介いたします。 犬のおも ...

子犬が寝ない 6

子犬が寝ない理由は?寝かせるにはどうする? 子犬は3ヶ月、4ヶ月過ぎるとそんなに寝ない? 4ヶ月頃の子犬の睡眠時間はどのくらいが理想? 子犬が寝ないで遊ぶ時はどうする? 子犬がお迎え当日に寝ないのは普 ...

犬が寝る時は電気を消す? 7

犬が寝る時は電気を消す?暗い方が寝やすい? 子犬が寝る時も電気は消した方がいい? 犬が寝る時に暗くしたら怖がる時はどうする? 犬の快眠を妨げる?寝る時に電気をつけるリスクとは? 犬が快適に眠れる照明と ...

モグワンはダメ?モグワンをやめた理由 8

モグワンを選んだ人がやめた理由とは? モグワンをやめた人が選ぶドッグフードとは? こんなモグワンをやめた理由とやめた人が選ぶドッグフードについてご紹介いたします。 モグワンを選んだ人がやめた理由 モグ ...

犬が寝る時は何時間クレートに 9

犬が寝る時は何時間クレートに入れる? 長い時間クレートに入れるのは良くない? 犬が寝る時にクレートに入ると鳴くのは? こんな犬が寝る時にクレートに入れる時の疑問についてご紹介いたします。 犬が寝る時に ...

犬のベッドの噛み癖 10

犬がベッドを噛むのはなぜ? 犬がベッドの綿を出す・食べる対処法は? 犬が噛んでも壊れない丈夫なベットはある? 犬用の丈夫な破れないベッドのおすすめは? こんな犬がベットを噛む理由と噛んでも壊れないベッ ...

-犬のサークル・ケージ