子犬の夜中のトイレはいつまで?正しい対処法とやってはいけないこと

2023年9月8日

※この記事では広告を表示しております。

子犬の夜中のトイレはいつまで?

子犬の夜中のトイレはいつまで続く?

子犬の夜中のうんちはいつまで続く?

子犬の夜のトイレ回数が増える原因は?

子犬の夜中のトイレは放置したら我慢できるようになる?

子犬の夜中のトイレをやめさせる方法とは?

こんな子犬の夜中のトイレ問題に関する疑問についてご紹介いたします。

子犬の夜中のトイレはいつまで続く?

子犬の夜中のトイレはいつまで?

子犬の夜中のトイレの回数や頻度は、子犬の年齢や健康状態、そしてどれだけ早く正しいトイレトレーニングが行われているかによって変わります。

以下は一般的な指標ですが、子犬の成長やトレーニングの進行には個体差がありますので参考程度にとどめてください。

2か月未満の子犬の場合

この時期の子犬はまだ小さく、膀胱も小さいため、数時間ごとにトイレに行く必要があります。

夜間も2~3時間おきに起きてトイレに行くことが普通です。

2か月~4か月の子犬

この時期になると徐々に子犬の膀胱のコントロール能力が向上します。

そのため夜は4~6時間程度持続して寝ることが出来ますが、トイレの回数はまだ多い方と言えるでしょう。

4~6か月の子犬

この時期になると、多くの子犬は夜間6~8時間以上トイレに行かないで寝ることができるようになります。

6か月以降の子犬

6か月以降の子犬はほとんどの場合、夜間のトイレの必要がなくなります。

しかし、水分の摂取量が多かったり、最後にトイレに行った時間など、いくつかの要因によって夜中にトイレに行く必要が生じることもあります。

夜中のトイレトレーニングをスムーズに進めるためには

  • 就寝前の水分摂取を控えめにする。
  • 最後のトイレの時間を遅くする。
  • 定期的にトイレの時間を設定する。

などが有効です。

しかし、子犬が夜中に何度もトイレに行くようになったり、トイレトレーニングが上手く進まない場合は、健康上の問題が関係している可能性も考えられますので、獣医に相談することをおすすめします。

子犬の夜中のうんちはいつまで続く?

子犬の夜中のうんち

子犬が夜中にうんちをしてしまうのはなぜなのだろう?

子犬が夜中にうんちをするのは普通のこと?

こんな悩みをお持ちの飼い主も多いはずです。

子犬の夜中のうんちは、一般的に生後3ヶ月頃から徐々に減り始め、生後6ヶ月頃には完全になくなると言われています。

子犬は生後3ヶ月頃までは体内時計や生活リズムが整っておらず、昼夜逆転や不定期な行動をすることがあります。

また、消化器官も未発達なため、食後すぐにうんちをすることもあります。

そのため、夜中にうんちをする子犬は少なくありません。

子犬の夜中のうんちを防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • 子犬の生活リズムを整える
  • 食事の量や回数を適切にする
  • 子犬の排泄のタイミングを把握し、トイレに連れて行く

子犬の生活リズムを整えるためには、飼い主自身も規則正しい生活を送るようにしましょう。

食事の量や回数は、子犬の体重や年齢に合わせて調整します。

また、子犬が排泄のタイミングを教えてくれれば、そのタイミングにトイレに連れて行くようにしましょう。

子犬の夜中のトイレ回数が増える原因は?

子犬の夜のトイレ回数

子犬の夜中のトイレ回数が増える原因はいくつか考えられます。

  • 水分摂取量が多すぎる。
  • 食事の時間が遅い。
  • トイレが清潔でない。
  • ストレスや不安の増加。
  • 何かしらの病気の兆候。

などが挙げられます。

水分摂取量が多すぎる

子犬が夕方や夜に大量の水を飲むと、夜間のトイレの回数が増える傾向があります。

  • よって夜にはあまり激しい運動をさせない。
  • 適切な室温を保ち、喉があまり乾かないようにする。

などの対応が必要となってきます。

食事の時間が遅い

夕食を遅く与えると、消化に伴い夜中にトイレに行く必要が生じることがあります。

ただ、あまり早すぎると今度は空腹で寝付けないなどの問題が起こることもありますので、ご飯の時間には気を使わなければなりません。

トレイが清潔でない

トレイが清潔でない場合には、子犬がトレイを避ける事が多くなります。

その結果、膀胱がいっぱいになると、我慢できずに夜中にトイレに行くようになります。

もしくはトイレに行かずに他の場所でしてしまうこともあります。

ストレスや不安の増加

環境の変化や他のペットや人との関係など、子犬のストレスや不安はトイレの行動に影響を与えることがあります。

子犬の夜中のトイレの回数が増加した場合には、まずは生活環境や日常のルーチンを見直してみると良いでしょう。

病気の兆候が見られる

膀胱の感染や他の尿路感染症は、頻繁にトイレに行く原因となることがあります。

糖尿病やその他の医学的状態で血糖値が上昇すると尿中に糖が出てきます。

これにより多尿となり、トイレの回数が増加する可能性があります。

腎疾患などの腎臓の問題も多尿を引き起こすことがあります。

トイレの回数だけではなく、尿の色や臭いの変化、元気のなさなどがある場合には、獣医に相談することをおすすめします。

子犬の夜中のトイレは放置したら我慢できる?

子犬の夜中のトイレは放置したら我慢できる?

子犬の夜中のトイレのサインを放置する事はおすすめできません。

子犬は膀胱のコントロール能力が成熟していないため、長時間オシッコを我慢させると膀胱にストレスをかける可能性があります。

そのような状態は膀胱感染や他の尿路問題を引き起こすリスクがあります。

また、子犬にトイレを我慢させてしまうと家の中で粗相をしてしまう可能性が高くなります。

我慢の結果の粗相はトイレトレーニングの進行を遅らせる原因となってしまうことがあります。

何度も同じようなことを繰り返してしまうと子犬はそこでトイレをしていいものだと覚えてしまうのです。

さらに長時間トイレに行けない状態は、子犬にとってストレスや不安を感じる原因となります。

不安やストレスの蓄積は子犬の問題行動や健康問題を引き起こす可能性が高まってしまいます。

このような理由から、子犬が夜通し寝ることができるようになるまでの間は、定期的にトイレの時間を設けることをおすすめします。

子犬が成長し、膀胱のコントロールが向上するにつれて、夜中のトイレの必要性が自然と減少するようになります。

子犬の夜中のトイレトレーニングは最終的には、子犬の健康と快適さを最優先に考えることが大切です。

トイレトレーニングは根気が必要な作業ですが、継続的なサポートと愛情を持って接することで、より早く成果を得ることができます。

子犬の夜中のトイレをやめさせる方法とは?

子犬の夜中のトイレをやめさせる

子犬の夜中のトイレをやめさせるためには、効果的なトイレトレーニングといくつかの注意点を組み合わせることが効果的です。

子犬が夜中にトイレをしないようにするには

  • 定期的なトイレのスケジュール管理。
  • 夜の水分摂取の管理。
  • 適切なトイレスペースの確保。
  • 子犬がトイレを覚えたらたくさん褒めてあげる。
  • 失敗しても叱らない。
  • 忍耐強く対応する。
  • 子犬の健康状態の確認を常に行う。

などが挙げられます。

定期的なトイレのスケジュール管理

子犬には一定の間隔でトイレに行く習慣をつけさせることが大切です。

特に食後や遊びの後、就寝前には必ずトイレの時間を設けてあげましょう。

夜の水分摂取を管理

子犬の夜間の水分摂取を減らすことで、夜中のトイレの回数を減らすことができます。

しかし、水分制限を行いすぎると健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、適切なバランスを保つことも大切です。

適切なトイレスペースの確保

子犬が快適にトイレを使えるスペースを確保することで、トイレトレーニングがスムーズに進みます。

トイレスペースが別になっているケージなどもありますので、そのようなものを使ってみるのも一つの方法です。

子犬がトイレを覚えたらたくさん褒めてあげる

子犬がトイレの場所で正しく出来たら、すぐに沢山褒めてあげましょう。

子犬は褒められる事が大好きですので、褒められることで学習能力が高まります。

トイレを失敗しても叱らない

トイレを失敗したら叱らず、怒鳴らず、静かに対応しましょう。

子犬は失敗を叱られても理解する事が出来ず、トイレを我慢するようになってしまいます。

また、怒られる事でストレスや不安が募り、トイレの頻度が高まってしまうこともあります。

忍耐強く対応する

子犬のトイレトレーニングには時間がかかることが当然と捉え、焦らず、一貫性を持って、忍耐強く取り組むことが大切です。

子犬の健康状態の確認を常に行う

トイレの問題が継続的に発生する場合には、健康上の問題が原因である可能性も考えられます。

定期的に獣医の診察を受け、健康状態を確認することをおすすめします。

子犬や幼犬のトイレのしつけには、しつけるシーツがおすすめです。

子犬の夜中のトイレ問題まとめ

子犬の夜中のトイレ
  • 子犬の夜中のトイレの回数や頻度は、子犬の年齢や健康状態、どれだけ早く正しいトイレトレーニングが行われているかによって変わる。
  • 子犬は膀胱のコントロール能力が成熟していないため、長時間オシッコを我慢させると膀胱にストレスをかける可能性がある。
  • 子犬には一定の間隔でトイレに行く習慣をつけさせることが大切。
  • 子犬は失敗を叱られても理解する事が出来ず、トイレを我慢するようになってしまう。

今回は子犬の夜中のトイレ問題についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬のトイレ
-