犬が夜になると吠える?犬が寝る前に吠える理由は寂しいから?

2023年9月10日

※この記事では広告を表示しております。

犬が夜になると吠える?

犬が夜になると吠える理由は?

犬が寝る前に吠えるのは寂しい?

犬が夜になると吠えるのは無視するべき?

犬が夜に吠えてばかりいると問題が起こる?

犬が夜に吠えるのをやめさせる方法とは?

こんな犬が夜に吠える理由と対処法についてご紹介いたします。

犬が夜になると吠える理由は?

犬が夜になると吠える理由

日中は静かに寝ていたり、遊んでたりするのになぜか夜になると吠える?

なぜ、夜になると吠える犬がいるのでしょうか?

犬が夜になると吠える理由には大きく分けて

  • 要求吠え
  • 警戒吠え
  • 寂しさや不安で起こる吠え

の三つがあります。

要求吠えが考えられる場合

犬はお腹が空いた、遊びたい、トイレに行きたいなど何かを要求するときに吠えることがあります。

夜にそのような理由で吠える場合には、日中に飼い主が仕事などで留守にすることが多く、欲求を我慢させられていることが多いことがあります。

要求吠えが考えられる場合には、犬の要求を満たしてあげることが大切です。

空腹が理由の場合には、食事の時間や量を見直してみる、トイレに行きたい場合にはトイレに連れて行ってあげるようにしましょう。

また、遊びたい理由で要求吠えをする場合には日中の運動量を増やしてあげたり、寝る前に少し遊んであげたりすると良いでしょう。

警戒吠えが考えられる場合

犬は縄張り意識が強い動物ですので、夜に物音や他の犬の鳴き声が聞こえると警戒して吠えることがあります。

夜は特に周辺の音が小さくなり、遠くの音や不審な動きを犬が察知しやすくなります。

そのような状況の中、室内から外の様子を見ることができず、不安を感じている場合にも吠えることがあります。

警戒吠えが理由の場合には、犬が安心できる環境を作ってあげることが必要となってきます。

状況によっては寝る場所を変えてあげるなどの対応も必要になってきます。

寂しさや不安で起こる吠えが考えられる場合

犬は基本的には群れで生活する動物ですので、夜に飼い主が寝室に入って、一人ぼっちになってしまうことで、寂しさや不安を感じて吠えることがあります。

寂しさや不安からくる吠えの場合には、犬に安心感を与えてあげましょう。

夜寝る前に飼い主と一緒に過ごしたり、ぬいぐるみやおもちゃを与えたりして、犬が一人ぼっちでも安心できるようにしましょう。

それでも寂しさが解消されない場合には、犬の寝床を飼い主の存在が確認できる場所に移動してあげるなどの対策をしてみましょう。

また、病気やケガの痛みで吠える場合もあります。

特に老犬や認知症の犬の場合は夜に吠えることが多くなることがあります。

犬が夜に吠える場合には、その原因を特定することが大切です。

原因がある程度特定できれば、原因に応じた対処法を取ることができます。

必要に応じて獣医師や動物の行動専門家に相談することも考慮するとよいでしょう。

犬が寝る前に吠えるのは寂しい?

犬が寝る前に吠えるのは寂しい?

犬が寝る前に吠える理由が寂しいのかどうかは、犬の性格や状況によって異なります。

寂しさで吠える場合には、飼い主に構ってほしい、安心したいという気持ちの表れですので、飼い主がそばにいれば吠え止むことが多いものです。

犬は群れで生活する動物であり、飼い主を家族として認識しています。

そのため、飼い主が寝ようとすると犬は寂しさを感じて吠えることがあります。

また、飼い主が寝ている間に何か起きないか、心配して吠えることもあります。

一方で犬は夜になると活発になることもあります。

そのため、寝る前の興奮から吠えることもあります。

犬が寝る前に吠える場合には、まずは犬の様子を観察し、寂しさや不安などの原因が考えられる場合は、飼い主が対応してあげることが大切です。

具体的には、犬の寝床を家族の近くに置いたり、寝る前に犬と遊んであげたりすることで、犬が安心して眠れるようにすることができます。

また、犬が夜に活発になる場合は寝る前に十分な運動をさせてあげたり、犬用のおもちゃを与えたりして、犬が夜中に吠えないようにすることもできます。

  • 寝る前にたっぷり遊んであげる
  • 飼い主の寝床の近くに犬の寝床を置く
  • 犬用のぬいぐるみやおもちゃを用意する
  • テレビやラジオなどの音を流す

これらの対処法で犬が寂しさを感じずに安心して眠れる環境を整えてあげましょう。

犬が夜になると吠えるのは無視するべき?

犬が夜になると吠えるのは無視する?

犬が夜になると吠える時は基本的には無視で大丈夫

犬が夜になると吠える場合、基本的には無視すべきです。

犬が吠えるのをやめさせるために、犬が吠えたらすぐに飼い主が対応してしまうと、「吠えさえすれば飼い主に相手にしてもらえる」と学習し、吠える回数が増えてしまうことがあります。

よって過剰な対応は逆効果となってしまうこともあります。

しかし、先にも述べましたように、犬が夜になると吠える理由は様々です。

理由によっては、無視してしまうと犬の健康面に問題が起きたり、ストレスを溜め込んでしまうこともあります。

そのため、犬が夜に吠える行動に対してどのように対応すべきかは、吠える理由や状況に応じて異なります。

吠える理由を理解することが大切

まずは犬が夜に吠える理由をしっかり把握することが重要です。

犬が夜になると吠える場合には、その理由をしっかりと見極め、それに応じた対処をすることが大切です。

理由を理解したうえで、寂しさや構ってほしいなどの要求の場合には、ある程度の無視や放置も必要となってきます。

要求吠えや警戒吠えの場合、犬の欲求を満たしてあげたり、犬が警戒する原因を取り除いてあげたりすることで、吠えを止めることができます。

不安吠えの場合には、犬が安心できる環境を整えてあげることで吠えを止めることができます。

外からの音や光が犬を刺激して吠える原因となっている場合は、カーテンを閉じる、犬の寝る場所を移動させるなど、環境を整えることで吠える回数を減少させることができるかもしれません。

日中の適切な運動や遊びを通じて犬のエネルギーを発散させることで、夜に吠える行動を減少させることもできます。

犬が夜に吠えるのを無視することはいじめや罰ではない

吠えを無視することは、犬を罰することではありません。

吠えが止むまで我慢強く無視し続けましょう。

吠えを止めたら、犬を褒めてあげましょう。

犬が夜になると吠えるのを無視することで、吠えを止めることができれば、近所迷惑や飼い主の負担を軽減することができます。

また、犬が吠えを止めることで、犬自身もストレスを感じずに安心して眠れるようになります。

犬が夜になると吠える場合は、吠えを無視して犬が落ち着くまで待つことが大切です。

吠えが止まったら、場合によっては飼い主の方から犬に声をかけて褒めてあげましょう。

犬が夜に吠えてばかりいると問題が起こる?

犬が夜に吠えてばかりいると問題

犬が夜に吠えてばかりいることは多くの問題を引き起こすことにつながります。

家族や近所の迷惑になる

犬の吠え声は、家族や近所の迷惑になります。

犬が毎晩のように吠え続けると家族は睡眠を妨げられ、近所の人とのトラブルになる可能性もあります。

特に集合住宅などの近隣の人々との距離が近い場所では、トラブルの原因となり得ます。

犬のケージにカバーをかけてあげることで吠え声を抑える効果や外部からの刺激を緩和して安心させる効果などもあります。

犬自身のストレスになる

犬は飼い主に構ってほしい、不安や寂しさを感じているなどの理由で吠えることがあります。

犬が夜に吠えてばかりいると、犬のストレスが溜まり、さらに吠える頻度が高まってしまう可能性があります。

犬の健康への影響

犬が夜に吠えてばかりいると声帯や喉に負担がかかり、健康への影響が出る可能性があります。

また、犬が夜中に吠えて落ち着かなくなると睡眠不足や疲労につながり、犬自身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

夜にぐっすり眠ることができないと犬はストレスや不安を感じ、体調を崩しやすくなります。

また、夜中に吠え続けると体力を消耗してしまい、体調を崩しやすくなります。

犬の問題行動に発展する

夜に吠え続けると犬は吠えることを習慣づけてしまい、他の場面でも吠えるようになります。

そのため、犬が吠え癖をつけてしまうと飼い主にとっても犬にとっても大きな問題となります。

犬が夜に吠えるのをやめさせる方法とは?

犬が夜に吠えるのをやめさせる方法

犬が夜に吠えるのをやめさせる方法とは

  • 吠えの原因を特定する
  • 吠えの原因を解消する
  • 犬が落ち着ける環境を作る
  • 吠えを無視する
  • しつけ教室に通う

などが挙げられます。

吠えの原因を特定する

まずは犬が夜に吠える理由をしっかり特定することが大切です。

原因がわかれば、その原因に対して応じた対応を取ることができます。

吠えの原因を解消する

原因が特定できたら、その原因を解決することが大切です。

要求吠えの場合には、犬の欲求を満たしてあげましょう。

警戒吠えの場合は、犬が警戒する原因を取り除いてあげましょう。

不安吠えの場合は、犬が安心できる環境を整えてあげましょう。

犬が落ち着ける環境を作る

犬が夜に吠えるのを防止するために、犬が落ち着ける環境を作ることも大切です。

寝る前にたっぷり遊んであげたり、飼い主の寝床の近くに犬の寝床を置いたり、犬用のぬいぐるみやおもちゃを用意したり、テレビやラジオなどの音を流したりするなどの対策をしましょう。

吠えを無視する

吠えの原因が解決できたら、吠えを無視することも大切です。

吠えれば飼い主が構ってくれると学習してしまうと問題です。

そのため、吠えを無視して、犬が落ち着くまで待つことが大切です。

吠えが止まったら、飼い主の方から犬に声をかけてあげましょう。

しつけ教室に通う

自分で対処するのが難しい場合には、しつけ教室に通うのも一つの方法です。

プロの指導を受けることで、犬の吠え癖を改善することができます。

犬が夜に吠えるのは、飼い主と犬の信頼関係が築けていないことが原因である可能性があります。

日頃から犬とたくさん遊んであげたり、スキンシップを取ったりして、信頼関係を築いてあげましょう。

犬が夜に吠えるのをやめさせるためには、その理由をしっかりと見極め、原因に合わせた対処法を実践することが大切です。

吠えたら叱る・叩くなどはしてはいけない

犬が夜に吠えると睡眠不足になったり、近所迷惑などを意識してしまいイライラしてしまうこともあります。

しかし、そのような感情を犬にぶつけてはいけません。

力ずくで吠えるのをやめさせるような行為は犬の性格に影響を与えてしまい、問題行動が増える原因となってしまいます。

あくまでも吠える理由をしっかり理解し対応してあげることが大切です。

外の光や音が犬を刺激する場合には、カーテンを閉じる、犬の寝る場所を静かな場所に移動させるなどの対策が考えられます。

日中に適切な運動や遊びを提供し、犬のエネルギーを適切に発散させることで、夜の吠えを減少させることができます。

犬が寂しさから吠える場合には、飼い主の近くで寝ることで安心感を得られるかもしれません。

ただし、これは犬と飼い主の関係性や環境によっては適していない場合もあります。

「静かに」というコマンドを教えることで、吠えたい衝動に対してコントロールを学ばせることもできます。

快適なベッドやクッションを用意してあげることで、犬がリラックスして夜を過ごすことができます。

犬が痛みや不調を感じて吠えている可能性も考えられるため、獣医師の診察を受けることも検討してみましょう。

DHC おだやかは、ゆったり落ち着いた気分を保つテアニン、レシチン、ザイラリアを配合した犬専用サプリメントです。

落ち着きがない、急に吠え出すなど犬の行動で気になることはありませんか?

「おだやか」に含まれる植物由来の4種類のリラックス成分が、犬のストレスフリーな生活をサポートします。

犬が夜に吠える理由と対処法まとめ

犬が夜に吠える
  • 犬が夜になると吠える理由には大きく分けて要求吠え、警戒吠え、寂しさや不安で起こる吠えの三つがある。
  • 寂しさで吠える場合には、飼い主に構ってほしい、安心したいという気持ちの表れなので飼い主がそばにいれば吠え止むことが多い。
  • 犬が吠えるのをやめさせるために犬が吠えたらすぐに飼い主が対応してしまうと「吠えさえすれば飼い主に相手にしてもらえる」と学習してしまうことがある。
  • 犬が夜に吠えることは多くの問題を引き起こす原因となる可能性が高いが、叱ったり・叩いたりしてはいけない。
  • 犬が夜に吠えるのをやめさせるにはしっかりと原因を特定し、対応してあげることが大切であり、犬とのスキンシップも重要。

今回は犬が夜になると吠える理由と対処法についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の世話