モグワンは3ヶ月位の子犬にあげても大丈夫?子犬に与えた人の口コミや評判は?

2023年6月15日

※この記事では広告を表示しております。

モグワンは3ヶ月位の子犬にあげても大丈夫?

モグワンは3ヶ月の子犬にあげても大丈夫?

モグワンを子犬に与える時の注意点やデメリットはある?

モグワンを子犬に与える時はふやかす?

モグワンを子犬に与えている人の口コミは?

こんなモグワンを子犬に与える際の疑問についてご紹介いたします。

モグワンは3ヶ月の子犬にあげても大丈夫?

モグワンを3ヶ月の子犬にあげる

モグワンは多くの愛犬家に評判が良いドッグフードと聞くけれど、子犬の時期から与えても大丈夫?

子犬に与えるとしたら、いつくらいから与えていいのか?

そんな疑問について考えてみましょう。

結論から言いますと、モグワンは3ヶ月の子犬にも与えても大丈夫です。

モグワンの給餌量の表を見ると、生後2ヶ月から15ヶ月までの各段階で、与える目安の分量が記載されています。

よって3ヶ月の子犬もこの範囲に含まれるため、適切な量を与えることができます。

また、モグワンは子犬の成長に必要な栄養素を豊富に含んでいるうえ、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たしているため、子犬の成長に必要な栄養を補うことができます。

AAFCOはアメリカ全体の動物飼料の品質と安全性を保証するための規制を策定し、動物の飼料の標準を設けています。

また、AAFCOは栄養プロファイルとフィーディングトライアルプロトコルも定義しています。

飼料パッケージにAAFCOの認定を示す文言があれば、その製品は特定の栄養基準を満たしていると認められます。

さらに、モグワンの原材料には人間が食べることができる品質のものが使用されています。

このような製品をヒューマングレードと呼び、飼い主がより安心してドッグフードを与えることができる判断基準の一つとも言えます。

つまり、モグワンは安全性も高く、子犬にも安心して与えられるドッグフードなのです。

モグワンを子犬に与える時の注意点やデメリットはある?

モグワンを子犬に与える時の注意点

モグワンを子犬に与える際の注意点やデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

モグワンに切り替える際にはゆっくりと慣れさせる

初めての食事変更は、子犬の体にストレスを与える可能性があります。

よって新しくモグワンに切り替える際には、既存のフードと混ぜながら徐々に移行することをおすすめします。

与える適正量を守る

モグワンは子犬から成犬まで食べられるドッグフードであるため、一部の犬にとっては栄養過多となる恐れがあります。

よく食べるからと言って多めにあげたりせす、適正な量を与えることが大切です。

即日入手が困難な場合もあるのでストックをしっかり確認しておく

モグワンはイギリスで製造されており、一部の地域では取り扱いが少ないため、手に入れるのが困難な場合もあります。

モグワンは近所のスーパーやホームセンターなどで購入することができません。

ネット通販などで購入する際には、品切れや配送に時間がかかることも考慮に入れてください。

モグワンに切り替えてすぐの反応を確認する

子犬がモグワンを食べた後の反応を観察することも大切です。

もし食後に吐き気や下痢、食欲不振などの症状が現れた場合は、一時的に給餌を中止し、獣医に相談してください。

子犬の食事は、その後の健康に大きな影響を与えるため、慎重に選び、適切な量を与えることが大切です。

子犬にモグワンを与える際の注意点として、まず一番に考慮するべきはその子犬がアレルギーを持っていないかという点です。

モグワンの主な成分はチキンであり、チキンアレルギーのある犬には向きません。

そのため、子犬が何に対してアレルギーを持っているかを理解し、合わせたドッグフードを与えることが重要です。

さらに、フードの硬さも考慮する必要があります。

モグワンの形状は犬が噛みやすいように設計されていますが、それでもまだ歯が生え揃っていない子犬には硬すぎる場合があります。

モグワンを子犬に与える時はふやかす?

モグワンを子犬に与える時はふやかす

子犬にモグワンを与える場合、そのままの硬さが子犬に合わないようなら、ふやかしてあげることで食べやすくなります。

同じ3ヶ月といっても子犬の個体差により成長度合いは変わってきます。

よって子犬の成長段階に適した硬さに調整してあげることが大切です。

モグワンのふやかし方

モグワンをふやかして与える場合の手順は以下の通りです。

モグワン1回分を用意します。

給餌量は子犬の成長に適した量で、1日3回に分けて与える場合は給餌量目安の3分の1量とします。

30~40℃に調整したぬるま湯を、モグワンがひたひたに浸かるくらいに注ぎます。

注ぐ際には熱湯を使わないように注意しましょう。

熱湯を使うとモグワンの栄養を損なうことがあります。

5~15分そのまま放置する事でモグワンが柔らかくなります。

時間をおくほど柔らかくなるため、子犬の月齢や食べる様子を見ながら段階的に時間を短くし、ぬるま湯の量を減らしていきましょう。

さらに必要であれば、モグワンを砕いたり、すりつぶします。

特に成長期の初めの頃など、さらに食べやすくしたい場合に行います。

モグワンを子犬に与えている人の口コミは?

モグワンを子犬に与えている人の口コミ

モグワンを子犬に与えている人々からは様々な口コミが寄せられています。

その中でもよく見られるコメントは、「子犬が喜んで食べてくれる」「食べ物の選り好みが減った」「健康状態が良好である」など、モグワンに対する高い評価が伺えます。

特に多い意見としては、「品質の高さが信頼できる」という声が挙げられます。

モグワンは動物性タンパク源を中心としたレシピと、不必要な添加物を使用しない姿勢が好評を得ています。

また、「フードを食べなかった子犬がモグワンに変えてから喜んで食べるようになった」という口コミも見受けられます。

そのおいしさから、食事の選り好みをしていた子犬でも、モグワンを食べることで食事時間がスムーズになったという報告も多いです。

さらに、「子犬の成長が著しく、健康状態が良好」という口コミもあります。

子犬の成長期に必要な栄養素がバランス良く配合されているため、子犬の健康維持と成長をサポートする効果が期待できます。

ただし、子犬の体調や好みによっては、すぐにはモグワンに慣れない場合もあります。

その際は、徐々にモグワンを混ぜる、またはふやかして与えるなど、工夫しながら導入していくことが推奨されます。

これらの口コミを見る限り、モグワンは子犬に対して多くの利点をもたらし、愛犬の健康維持と成長をサポートする信頼性の高いドッグフードであると言えるでしょう。

モグワンを子犬に与えるまとめ

モグワンを子犬に与える
  • モグワンの給餌量の表からみても、3ヶ月の子犬もこの範囲に含まれるため、適切な量を与えることができる。
  • モグワンは子犬の成長に必要な栄養素を豊富に含んでいるうえ、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たしている。
  • 新しくモグワンに切り替える際には、既存のフードと混ぜながら徐々に移行することで問題が起こりにくくなる。
  • 子犬にモグワンを与えている飼い主から「子犬が喜んで食べてくれる」「食べ物の選り好みが減った」「健康状態が良好である」などの口コミが多い。

今回はモグワンを子犬に与える際の疑問点についてご紹介しました。皆様の愛犬のドッグフード選びの参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の餌・ドッグフード
-,