犬の吠え癖の原因は?吠え癖が治らないのはなぜ?正しいしつけ方とおすすめグッズ

2023年5月24日

※この記事では広告を表示しております。

犬の吠え癖の原因は?吠え癖が治らないのはなぜ?

犬の吠え癖の原因は?

犬の吠え癖が治らないのはなぜ?

犬の吠え癖はしつけで治る?

犬の吠え癖対策に首輪などのグッズがある?

こんな犬の吠え癖に関する疑問についてご紹介いたします。

犬の吠え癖の原因は?

犬の吠え癖の原因

犬の吠え癖の原因は様々で、それぞれの犬の環境や性格、経験によって吠える理由が違ってくる事もあります。

以下に吠え癖の主な原因とその対策についてご紹介いたします。

まず最初に挙げられるのは「警戒心」です。

犬は元来、群れを形成して生活する動物であり、領域を保護するために吠えることがあります。

不審者や他の動物が近づいたり、予期せぬ音や動きがあると警告として吠えることがあります。

犬の警戒心を抑えるためには、犬が安心できる環境を作ることが重要です。

また、他の動物や人間との接触を増やすことで警戒心を減らすことができます。

次に「威嚇」も吠えの一因です。

自己防衛の一環として、他の犬や人間に対する威嚇のために吠えることがあります。

犬の威嚇行動に対する対策としては、社会化トレーニングが有効です。

他の犬や人間との積極的な交流を通じて、犬に他者との適切な交流方法を学ばせることが必要です。

「要求」による吠えも見逃せません。

犬は飼い主に対して何かを求めるとき、例えば遊びたいときや食事が欲しいとき、散歩に行きたいときなどに吠えることがあります。

このような吠えは、犬の要求を理解し、適切に対応することで解決することができます。

興奮や高揚感も犬を吠えさせる原因の一つです。

犬が遊びたがっていたり、気に入った人に会えると興奮して吠えることがあります。

興奮による吠えの原因を取り除くためには、定期的な運動や遊び時間を設け、犬の興奮を適度に抑制することが重要です。

また、「ストレス」も吠える一因となります。

長時間の留守番や環境の変化などによるストレスが溜まると、犬は吠えることでそのストレスを発散させることがあります。

このようなストレスによる吠えは、飼い主が犬の生活環境を改善し、愛情を注ぐことで減らすことが可能です。

具体的には、一人で留守番させる時間を減らす、適度な運動時間を設ける、一緒にいられる時はたっぷり遊んであげるなどです。

加えて「寂しさ」も犬の吠える一因となります。

飼い主がいないときや、他の犬や猫と離れるときなど、犬は寂しさを感じて吠えることがあります。

この寂しさを和らげるためには、犬と一緒に過ごす時間を増やす、留守番の際にはお気に入りのおもちゃや安心できるアイテムを置いてあげる、他のペットや人間と一緒に時間を過ごさせるなどが有効です。

最後に「遊びたい」ことからくる吠えも無視できません。

犬は活動的な生き物ですので、十分な運動や遊びができないとストレスを感じます。

このため、遊びたいときには吠えて飼い主に知らせることがあります。

この問題を解決するには、犬が十分に運動できる時間を確保することが大切です。

また、犬と一緒に遊ぶ際には、ボールやおもちゃを用いて、犬が遊びに集中できるようにすると良いでしょう。

これらの原因を理解し、対策を立てることで、犬の吠え癖を改善することが可能です。

ただし、犬の吠え癖を直すには時間がかかることもあります。

飼い主としては、犬の吠え癖を理解し、根気強く対応することが大切です。

犬が吠えるのは、自分の感情を表現するための唯一の手段です。

そのため、吠えること自体を否定するのではなく、適切な方法で吠えることを教えることが重要です。

犬の吠え癖が治らないのはなぜ?

犬の吠え癖は治らない?

「吠える」は犬のコミュニケーションの一つであり、ストレスや不安、興奮、警戒などを表現する方法です。

しかし、吠え癖が強いと飼い主や近隣住民にとっては大きな問題となります。

では、なぜ犬の吠え癖はなかなか治らないのでしょうか。

その理由は以下の通りです。

まず第一に犬の性格や特性が吠え癖の原因となることがあります。

犬種によっては、本能的に警戒心が強く、知らない人や環境の変化に対して吠える傾向があるものもいます。

また、犬自体が寂しがり屋で、一人になることを嫌い吠えるケースもあります。

このような犬種特性や個体の性格は変えることが困難な場合もあり、吠え癖がなかなか治らない理由となるのです。

第二に飼い主のしつけ方法が適切でないことも吠え癖が治らない原因となります。

犬が吠えたときに叱る、注意すると、犬はそれを「吠えると飼い主が関心を向けてくれる」と誤解釈する可能性があります。

これは、吠える行動が飼い主からの注意を引く手段であると学習してしまっている状態で、逆に吠え癖を強化してしまう可能性があります。

また、犬が何らかの病気や不快な状態にあるときにも吠えることもあります。

痛みや不快感を伝える手段として、またはストレスを発散する手段として吠えることがあるのです。

病気や不快な状態が続いている場合、吠え癖がなかなか治らないこともあります。

これらの理由から、犬の吠え癖を治すためには、まず吠える原因を正確に理解することが大切です。

性格や犬種特性が原因の場合は、環境を調整したり、吠えない状況を増やすための訓練を施すことが求められます。

不適切なしつけが問題であれば、吠えないときに褒めるなど、犬が吠えることにより注目を集められない環境を作ることが大切です。

そして、病気や不快な状態が原因であれば、まずはその症状を獣医師に診てもらい、適切な治療を行う必要があります。

それぞれの原因に対して適切な対応をすることで、吠え癖は改善可能です。

しかし、その過程は犬の性格や状況によって異なり、一概には言えません。

根気よく、そして犬の気持ちを理解しながら対応を続けることが重要です。

また、吠え癖の治療や訓練には専門的な知識と経験が求められることもあります。

飼い主自身で対応が難しい場合や、吠え癖が改善しない場合は、プロのドッグトレーナーや動物行動学の専門家に相談することをおすすめします。

犬の吠え癖が治らない理由は、犬の性格や特性、飼い主のしつけ方、病気や不快な状態など、さまざまありますが、その中には改善可能なものも多く含まれています。

一方で、それらの原因を理解し、適切に対応するためには専門的な知識と経験、そして何よりも時間と根気が必要となるのです。

飼い主としては、愛犬の吠える理由を理解し、適切な対応を心掛け、必要であれば専門家の意見を求めることが、吠え癖改善の第一歩となります。

犬の吠え癖はしつけで治る?

犬の吠え癖はしつけで治る?

犬の吠える行動は本能的なもので、コミュニケーション手段の一つです。

それは人間が話すのと同じく、犬にとっては自分の感情や状態を伝える重要な方法です。

しかし、過度な吠えや不適切なタイミングでの吠えは、うるさいうえに問題となり得ます。

そのため、飼い主はしつけを通じて犬の吠え癖を適切にコントロールすることが求められます。

まず、吠え癖を治すためには、その原因を正確に理解することが大切です。

犬が吠える理由は様々で、恐怖、縄張り意識、注目欲求、遊びたいという意思表示、病気や不快感など、様々な要因が考えられます。

これらの原因を特定し、それぞれに対する適切な対処法を試みることが重要です。

たとえば、犬が寂しさから吠えている場合、留守番の間にラジオやテレビをつけておくことで、一定の音があることで寂しさを和らげることができます。

また、恐怖や不安から吠えている場合は、犬に対してゆっくりと話しかけて、安心感を与えたり、安心する環境を作ることが有効です。

遊びたいと吠えている場合は、適度な運動や遊びの時間を確保することが必要です。

注目されたいからと吠える場合は、犬が吠えても無視するなど、吠えたからと言って注目を集められないことを学ばせるのが良いでしょう。

また、しつけには根気が求められます。

一朝一夕で吠え癖が治るわけではありません。

頻繁に吠える犬に対しては、静かな状態を褒めたりして、吠えないことがポジティブな行動であることを理解させることが有効です。

それでも吠え癖が治らない場合は、プロのドッグトレーナーや行動専門家に相談することをおすすめします。

プロのトレーナーや専門家は、犬の吠える原因を科学的に理解しており、その原因に直接対処する最適な方法を提案することができます。

犬の行動は多くの場合、環境や飼い主の態度、犬自身の健康状態など、多くの要素が複雑に絡み合っています。

そのため、一部の問題だけに焦点を当てるのではなく、全体的な視点から犬の吠え癖を評価し、包括的なアプローチをとることが重要となります。

例えば、吠える行動がエネルギーの発散のためであれば、犬にもっと運動の機会を提供することが求められます。

一方で、吠える行動が恐怖や不安から来ている場合は、その原因となる状況をできるだけ避け、犬が安心できる環境を提供することが重要となります。

また、吠える行動が痛みから来ている場合は、速やかに獣医師の診察を受けることが必要です。

さらに、トレーニング手法も犬の個々の性格と状況によって大きく変わる可能性があります。

一部の犬にはポジティブリインフォースメント(良い行動を報酬で励ます方法)が有効な場合がありますが、他の犬には異なるアプローチが必要となる場合もあります。

このような理由から、犬の吠え癖に対するアプローチは一概には定められず、個々の犬とその飼い主のニーズによって異なるため、専門家の意見を求めることが重要となります。

それでも、専門家に相談できない状況や、飼い主自身でしっかりと対応したい場合もあるでしょう。

そのような状況では、犬とのコミュニケーションを深めることが大切です。

犬の身体的な表現や吠える前のサインを理解し、そのニーズを先読みすることで、吠える行動を未然に防ぐことも可能となります。

加えて、飼い主自身が冷静でいることも重要です。

犬は飼い主の気持ちや態度を敏感に察知します。

そのため、もし飼い主がパニックになったり、怒ったりすると、犬もまた不安や緊張を感じ、吠える行動を続ける可能性があります。

対して、飼い主が冷静に対応することで、犬もまた飼い主の落ち着いた態度を模倣し、落ち着くことが期待できます。

また、犬の吠える時間帯や頻度、そしてその吠える状況を詳細に記録することも有効です。

これにより、特定のパターンやトリガー(吠えるきっかけとなるもの)を特定することが可能になり、それに対する対策を立てやすくなります。

たとえば、犬が訪問者が来るたびに吠える場合、犬を訪問者から離して安全な空間を作る、または訪問者が来る前に犬を別の部屋に移動させるなどの対策を考えることができます。

犬の吠え癖を改善するためには時間と忍耐が必要です。

すぐに結果が現れなくても、一貫性を持って対応し続けることが大切です。

そして、それが難しく感じられた場合や犬の行動が急に変わった場合には、プロのトレーナーや行動専門家に相談することを忘れないでください。

犬の吠え癖対策に首輪などのグッズがある?

犬の吠え癖対策グッズ

犬の吠え癖は、飼い主だけでなく近所にも大きな問題となります。

特に集合住宅などで飼う場合には、近隣トラブルを避けるためにも対策を取ることが大切です。

その一方で、犬が吠える行動は自然な行動であり、それを全く抑え込むことは犬のストレスにつながります。

適度な吠えることができる環境と、過度な吠えを抑制する方法を両立することが重要です。

そのためには、訓練とともに吠え癖対策のための首輪やグッズを利用することがあります。

1つ目の首輪は、電子音を発するものです。

犬が吠えるとセンサーが反応し、電子音が鳴ります。

この音によって吠える行動に対する不快感を犬が学び、吠えること自体を控えるようになることが期待されます。

ただし、電子音が苦手な犬にしか効果はなく、また音量調節が必要な場合もあります。

水スプレー首輪は、吠えた際に水を噴霧するものです。

水が苦手な犬に対しては特に効果的で、吠えると水がかかるという不快感から吠えることを控えるようになるでしょう。

ただし、犬によっては効果が薄い場合もあるため、試行錯誤が必要です。

嫌な臭いがする首輪も、吠えると発動するタイプのものがあります。

こちらは酢やレモンなどの嫌な臭いを発するもので、犬はこの臭いを嫌がり吠えることを控えます。

その他にも、犬の動きを制限するフェンスや、ストレス解消につながる犬用のおもちゃなども吠え癖対策の一環と言えます。

犬用のフェンスは、吠える原因となる犬の自由な動きを制限するために役立ちます。

特に、他の犬や人々が視野に入ると吠えてしまう犬には有効です。

また、フェンスの内側に犬が過ごす空間を充実させることで、退屈や不安感を軽減し、無駄吠えを防ぐことができます。

その一方で、犬用のおもちゃは犬の注意をそらす効果があります。

特に、適度な運動を提供し、頭を使わせるおもちゃは、犬がストレスを感じて吠えることを防ぐ役割を果たします。

例えば、食べ物を内部に隠すことができるパズルのようなおもちゃや、長時間にわたって噛むことができる噛み応えのあるおもちゃは、犬が気を紛らわせるのに最適です。

しかし、犬の吠え癖対策としてこれらのアイテムを利用する場合、常に犬の健康と幸せを最優先に考えることが大切です。

最後に、犬のしつけ教室も吠え癖の対策として有効な方法です。

プロのトレーナーから、吠え癖の原因を理解し、適切なトレーニング方法を学ぶことができます。

しつけ教室は犬の社会化にも役立つため、他の犬や人々に対する適切な反応を学び、無駄吠えを減らすことが期待できます。

犬の吠え癖まとめ

犬の吠え癖
  • 犬種特性や個体の性格は変えることが困難な場合もあり、吠え癖がなかなか治らない理由となることがある。
  • 飼い主のしつけ方法が適切でないことも吠え癖が治らない原因となることがある。
  • 犬が吠える理由は様々で、恐怖、縄張り意識、注目欲求、遊びたいという意思表示、病気や不快感など、様々な要因が考えられる。
  • 犬の吠え癖をしつけで治すには吠える原因をしっかり特定して原因に合わせてしつけを行う事が大切。

今回は犬の吠え癖に関する疑問についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の世話