犬が水の皿をひっくり返す理由とは?水飲み時にびちゃびちゃになるのは普通?対策できる?

2023年6月27日

※この記事では広告を表示しております。

犬が水の皿をひっくり返す理由

犬が水の皿をひっくり返す理由は?

犬の水飲み時はびちゃびちゃになるのが普通?

犬が水をこぼす対策はできる?

ひっくり返りにくい水入れとは?

こんな犬が水を飲む時に水をこぼす問題についてご紹介いたします。

犬が水の皿をひっくり返す理由は?

犬が水の皿をひっくり返す

犬が水入れをひっくり返してしまうのはなぜなのでしょうか?

犬が水の皿をひっくり返してしまう理由について考えてみましょう。

まず、一つ目の理由は遊び心からです。

犬は水の皿をひっくり返すことで、水が広がる様子を見て楽しんでいることがあります。

このような理由は、特に好奇心旺盛な子犬によく見られます。

次に考えられるのが、飲み水に対する不満からの行動です。

水が綺麗ではない、または水が少ないなどと感じた時、水の皿をひっくり返すことで飼い主に知らせているのかもしれません。

また、狩猟本能から来る行動も忘れてはいけません。

犬が水入れを掘ったり動かしたりする行動は、自然界で水源を探す行為と関連している可能性があります。

さらに、ストレスや不安から来る行動もあります。

犬が不安やストレスを感じていると、そのエネルギーを何らかの形で発散することがあります。

その方法の一つとして、水の皿をひっくり返す行動があるのです。

興奮状態も犬が水の皿をひっくり返す理由の一つです。

例えば、食事時や飼い主さんの帰宅時など、興奮した状況で犬が水の皿を蹴飛ばすことがあります。

また、飼い主の注意を引きたい場合にもこの行動を取ることがあります。

犬は社会的な生き物で、孤独感を嫌います。

飼い主の関心を引くために、意図的に水の皿をひっくり返すこともあります。

以上のように様々な理由で水の皿をひっくり返してしまうことがあります。

そのため、愛犬の行動を理解し、その原因を突き止めるためには、犬の行動をじっくりと観察することが重要です。

犬の水飲み時はびちゃびちゃになるのが普通?

犬の水飲み時びちゃびちゃ

犬が水を飲む際に周囲がびしゃびしゃになるのは、ある程度普通のことと言えます。

犬は水を飲むときに自らの舌を使って水をすくい上げます。

このような飲み方が周囲へ水を飛散させる原因となります。

大型犬や興奮しやすい犬に特によく見られます。

また、犬は飲み物を飲む際に呼吸を止めることなく飲むことが可能なので、これも周囲への水飛び散りを引き起こします。

そのため、犬が水を飲むときに周囲が湿ることは、ごく普通の状態とも言えるのです。

しかしながら、びちゃびちゃになる様子は犬の個体差にも関係しています。

犬種や性格、体格、または飲み方のクセなどが影響を与えます。

さらに、水飲みの位置や形状も当然関係しています。

例えば、頭を下げて飲むよりも、体の高さに合わせた位置で水を飲むことで、飛び散る水が減ることもあります。

犬が水をこぼす対策はできる?

犬が水をこぼす対策

犬が水をこぼさないようにする対策は幾つかあります。

まず一つ目は、水飲みの場所に敷物を敷くことです。

特に撥水加工のあるものや、吸水性が高いものがおすすめです。

これは水をこぼさないようにする対策というよりは、こぼれた時の対策です。

こぼさないようにする対策と合わせて行うことで周囲の掃除が大幅に軽減されます。

二つ目の対策は、給水器の高さ調節です。

給水器を犬の飲みやすい高さに設置することで、犬は頭をあまり下げずに水を飲むことができます。

結果として、水がこぼれる範囲を狭めることができます。

三つ目の対策として、給水器の種類や形状を工夫することも効果的です。

こぼれにくい設計の給水器を選ぶことで、水が飛び散ることを防ぐことができます。

また、四つ目の対策として、ひっくり返すことが難しいタイプの水入れを使用することも効果的です。

こういった水入れは、犬が触れた際に簡単に倒れることがないため、水がこぼれる事態を避けられます。

さらに、壁に固定できるタイプの水入れや、水位を常に一定に保つ水入れ、底部に滑り止めゴムが付いた水入れなどもあります。

これらは犬の行動による水のこぼれを大幅に防ぎます。

犬の性格や習慣に応じて適切なタイプを選ぶと良いでしょう。

ひっくり返りにくい水入れとは?

ひっくりかえりにくい水入れ

犬用のひっくり返らない水入れは、犬が勢い良く飲む時やうっかりぶつかった時でも、水がこぼれにくいよう設計された給水器のことを指します。

これらの給水器は、重たい底部、または給水器を安定させるための重りや吸盤が装備されています。

リッチェル こぼれにくいウォーターボウル

「リッチェル こぼれにくいウォーターボウル」は上部に反ったフチがあり、水が飛び散るのを防ぎます。

また、このフチの設計により、犬が水入れを蹴飛ばしても、こぼれにくい構造になっています。

Dopet ペット給水器

「Dopet ペット給水器」はユニークな設計となっています。

犬が鼻で皿を押すと飲む分だけ水が出てくるという仕組みで、水が一度に大量に出ないため、飛び散る水を抑制することができます。

GEX ピュアクリスタルブルーム

「GEX ピュアクリスタルブルーム」は重たい設計で犬によるひっくり返しを防ぎます。

アドメイトデイリーウォーターボトル

「アドメイト デイリーウォーターボトル」はペットボトルを取り付けて使用し、固定されるためひっくり返らない設計が特徴です。

犬が水をこぼす理由と対策まとめ

犬が水をこぼす理由と対策
  • 子犬など好奇心旺盛な犬は水の皿をひっくり返すことで水が広がる様をみて楽しんでいることがある。
  • 犬は水が綺麗ではない、または水が少ないなどと感じた時、水の皿をひっくり返すことで飼い主に知らせることがある。
  • 犬入れの高さを調整することで水の飛び散りやひっくり返しを防ぐこともできる。
  • ひっくり返すことが難しいタイプの水入れを使用することも周囲が水浸しになることを防ぐのに効果的。

今回は犬が水をこぼす理由と対策についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の水飲み