吠える犬と吠えない犬!犬が吠える人と吠えない人それぞれの違い

2023年5月26日

※この記事では広告を表示しております。

吠える犬と吠えない犬!犬が吠える人と吠えない人

吠える犬と吠えない犬の違いは性格?

犬が吠える人と吠えない人の違いは?

いつも吠えないのに通行人に吠えるのは?

出かける時に吠えないように躾けることはできる?

こんな犬が吠えない時と吠える時の違いについてご紹介いたします。

吠える犬と吠えない犬の違いは性格?

吠える犬と吠えない犬

よく吠える犬とあまり吠えない犬の違いについて考える時には、それぞれの犬の性格や生活環境を理解することが重要となります。

吠える犬は、しばしば警戒心が強い傾向があります。

つまり、見知らぬ人や他の動物、場合によっては普通の音に対しても防衛的な反応を示すことがあります。

このような行動は、特に番犬として育てられた犬種によく見られます。

また、吠える犬は興奮しやすい性格を持つことが多いものです。

そのような犬は遊びたい、食べ物が欲しい、外に出たいといった要求を表現するために吠えることがあります。

特に活動的な犬種や若い犬では、エネルギーを消費するための活動が足りないときに吠えることがあります。

一方、吠えない犬は、性格が穏やかであることが特徴です。

そのような犬は環境の変化に対しても落ち着いて対応し、物事を静かに観察することが好きな傾向があります。

人や他の動物に対する反応も一般的には穏やかで警戒心が少ないものです。

吠えない犬はまた、あまり興奮しない傾向があります。

遊びや散歩、食事などの活動も静かに楽しむことが多く、自分の要求を吠えることで表現することは少ないです。

このような性格の犬は、飼い主の生活リズムに合わせて静かに過ごすことができます。

このように、吠える犬と吠えない犬の性格の違いは明確に見て取れます。

吠える傾向があるかどうかは、個々の犬の性格や経験、訓練、そして遺伝的要素によって大きく影響されます。

また、吠えるか吠えないかは生活環境や一部の問題行動が関与している場合もあります。

例えば、分離不安を持つ犬は飼い主がいないときに過度に吠えることがあります。

飼い主がいないという状況に対するストレスの表れであり、必ずしもその犬が基本的に警戒心が強いか、または興奮しやすい性格を持つとは限りません。

同様に吠えない犬が必ずしも穏やかで落ち着いた性格を持つわけでもありません。

適切なトレーニングを受けていたり、社会性が養われている結果として吠えないこともあります。

よって犬が吠えることは、その犬の性格だから仕方がないと諦めるのではなく、環境を見直したり、しっかりとしたしつけを行うことで無駄吠えは改善されます。

犬が吠える人と吠えない人の違いは?

犬が吠える人と吠えない人

犬が吠える人と吠えない人の違いは主に3つあります。

その人の接し方、犬の性格、そして犬の環境です。

まず、犬に対する接し方は非常に重要です。

犬が吠える人には、一般的に以下のような特徴があります。

  • 犬に対して厳しく叱ったり、無理な抑制を行ったりする。
  • 犬に対して十分な愛情や関心を示さない。
  • 犬に対して一貫性のない接し方をする。

これらの行動は、犬がストレスを感じる可能性があります。

その結果、犬は吠えることで不安やストレスを発散するかもしれません。

それに対して、犬が吠えない人には以下のような特徴が見られます。

  • 犬に対して優しく接し、愛情を注ぐ
  • 犬に対して十分な運動や遊びを与え、そのエネルギーを適切に発散させる
  • 犬に対して一貫したしつけをする

このような人には、犬が不必要なストレスを感じることなく、安心して生活できます。

次に犬の性格も重要な要素です。

警戒心が強い犬や攻撃的な犬は、初めて見る人に吠える可能性が高くなります。

一方、人懐っこい犬やおとなしい犬は、吠える可能性が低くなります。

最後に犬の環境も吠えるかどうかに大きく影響します。

適切な運動量を確保できずストレスを感じやすい環境では、犬は吠える可能性が高くなります。

一方、適切な運動とリラクゼーションが可能な環境では、犬は吠える可能性が低くなります。

したがって、犬が吠えるかどうかは、人間の接し方、犬の性格、そして環境の3つの要素が組み合わさった結果です。

これらを理解し、適切に対応することで、犬の吠える行動をコントロールすることが可能になります。

いつも吠えないのに通行人に吠えるのは?

通行人に吠える理由

犬がいつもは吠えないのに、通行人に対してだけ吠える行動は、飼い主にとって混乱や困惑を引き起こすことがあります。

しかし、この現象は犬の本能や環境によるもので、それぞれ異なる理由から生じている可能性があります。

まず、犬が吠える最も一般的な理由の一つは警戒心からです。

犬は元来、群れを守るための行動を持つ動物ですので、見知らぬ人に対する警戒心は特に強いものです。

よって、知らない通行人が近くを通ると、犬は警戒し、吠えることで威嚇しようとします。

次に縄張り意識も犬が吠える原因として大きな役割を果たしています。

家や庭や自分の散歩ルートなど、犬は自分の領域を認識しています。

それらの場所に他者が侵入すると感じた場合、吠えて侵入者を追い払う行動をとるのです。

このように、犬が通行人に吠える原因を突き止めることで、適切な対策を立てることができます。

犬が通行人に吠える現象に対しては、犬の行動をよく観察し、何がその行動を引き起こしているのかを理解することが重要です。

出かける時に吠えないように躾けることはできる?

出かける時に吠えないようにしつける

出かける時に犬を吠えないように躾けることは確かに可能です。

以下に具体的な方法をいくつか挙げます。

  • 犬が落ち着いて過ごせる環境を整える。
  • 犬が寂しさを感じないように気を紛らわすものを用意する。
  • 普段から吠えても叱らないしつけをする。

犬が落ち着いて過ごせる環境を整える

犬が落ち着いて過ごせる環境を整えることは大切です。

犬は安心して過ごせる場所があることで、落ち着く事ができ、過度な無駄吠えをすることがなくなります。

犬が寂しさを感じないように気を紛らわすものを用意する

また、出かける前に犬に対する配慮が必要です。

犬が寂しくないように、留守番中に遊べるおもちゃを与えたり、おやつをあげたりすることが有効です。

家の中に人間の声や音楽が流れる環境を作ることで、犬が一人ではないと感じ、安心感を得ることもできます。

普段から吠えても叱らないしつけをする

犬が吠えたらすぐに叱らず、静かになったら褒めるというのも効果的な方法の一つです。

犬は褒められることを好む動物です。

吠えても何も得られないということを犬自身に理解させることで、吠える頻度を減らすことが期待できます。

最後に、犬が吠えないように訓練することも大切です。

これはプロのトレーナーに頼むか、自分で行うことが可能です。

吠えたらすぐに静かにするように指示し、指示に従ったら褒めるという方法です。

ただし、これには時間と忍耐が必要で、すぐに効果が現れないこともあります。

以上の方法を試し、それでも改善しない場合は、プロのトレーナーや動物行動専門家に相談することをおすすめします。

専門家は犬の行動を詳細に分析し、個々の犬に合わせた最善の方法を提案してくれます。

そして何より、犬を理解し、根気よく向き合うことが必要です。

犬の吠える理由を理解し、それに対応することが大切です。

犬の性格や習性を観察し、吠える理由を探りましょう。

犬が吠えるのは、寂しさや不安からかもしれませんし、警戒心からかもしれません。

そのため、犬が安心して過ごせる環境を作り、犬が不安にならないように配慮することが重要です。

また、犬の訓練には一貫性が必要です。

犬にとって、人間の行動や反応は一貫していることが大切です。

そのため、ある行動を褒めたり、叱ったりするタイミングは一貫していなければなりません。

犬を叱ることよりも褒めることを優先することが効果的です。

吠える行動よりも静かにしている行動を強化するためには、静かな時に褒めることが効果的です。

そのため、吠えることに反応するのではなく、静かにしていることに反応するようにしましょう。

犬が吠える時と吠えない時の違いまとめ

犬が吠える時と吠えない時の違い
  • よく吠える犬とあまり吠えない犬の違いについて考える時には、それぞれの犬の性格や生活環境を理解することが重要
  • よく吠える犬は興奮しやすい性格であまり吠えない犬は穏やかな性格であることが多い。
  • 犬が吠える理由は犬の性格だけではなく、しつけ方や生活環境など様々な要因が関係している事が多い。
  • 犬が吠える理由をしっかり理解して対応することで犬が吠えることを減らす事はできる。

今回は犬が吠える時と吠えない時の違いについてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の世話