犬の太り過ぎは危険!犬の太り過ぎの見分け方と痩せさせる方法

2023年6月1日

※この記事では広告を表示しております。

犬の太り過ぎの見分け方と痩せさせる方法

犬の太り過ぎは呼吸にも影響がある?

犬の太り過ぎは病気になりやすい?

犬の太り過ぎの見分け方は?

犬を痩せさせる方法とは?

こんな犬の太り過ぎに関する疑問についてご紹介いたします。

犬の太り過ぎは呼吸にも影響がある?

犬の太り過ぎ

肥満犬の健康リスクは多岐にわたり、その一つに呼吸に対する影響が挙げられます。

体脂肪が増えると胸郭を圧迫し、呼吸が浅くなるという問題があります。

さらに肥満が筋肉量の低下を招き、呼吸する力を弱めてしまいます。

このような理由から肥満犬は運動や興奮した際に息切れを起こしやすくなり、ゼーゼー、ハーハーと咳をしたり、いびきをかいたりといった症状が現れる可能性が高まります。

また、肥満は呼吸器疾患のリスクも増加しますので、気管支炎や肺炎といった病気にかかりやすくなってしまいます。

そのような問題を防ぐためには、肥満を解消することが最善の策となります。

食事療法と運動療法が肥満対策として有効で、食事ではカロリー制限と脂肪の少ない食事が基本となります。

運動療法では、毎日30分以上の有酸素運動が効果的で、散歩やジョギングなどが推奨されています。

犬の太り過ぎは病気になりやすい?

犬の太り過ぎ

犬の肥満は人間の肥満と同様に、健康問題を引き起こす可能性があることが、獣医科学の研究によって明らかにされています。

犬の肥満が原因で発生する可能性がある病気には、糖尿病、心臓病、関節炎、呼吸器系の問題などが挙げられます。

特に関節炎は肥満犬にとって大きな問題であり、余分な体重が関節にかかる圧力を増加させ、痛みや不快感を引き起こし、運動能力を低下させます。

肥満犬の呼吸器疾患の典型的な症状には、息切れ、ゼーゼーとした呼吸、いびき、活動量の低下、食欲減少などがあります。

また、肥満の犬は睡眠時無呼吸症候群(SAS)を発症するリスクが高くなるということも忘れてはなりません。

SASは、睡眠中に呼吸が一時的に止まってしまう病気で、夜中に何度も目が覚めたり、いびきをかいたり、呼吸が苦しくなったりなどの症状が現れます。

さらに、SASは心臓病や脳卒中などのリスクも高めるとされています。

このような理由から肥満は犬の寿命を短くするとも言われています。

肥満を防ぐためには、犬の日常生活において適度な運動と健康的な食事を心がけることが大切です。

運動は体重を減らすだけでなく、心臓病や糖尿病などのリスクも低下させます。

一方、食事については、高カロリーで脂肪分の多い食事は避け、食物繊維を多く含む野菜や果物を積極的に与えることがお勧めです。

犬の健康を守るためには、定期的な健康診断も必要です。

獣医師による定期的な診察を受けることで、肥満の早期発見や予防、そして適切な治療が可能となります。

犬の太り過ぎの見分け方

犬の太り過ぎ見分け方

犬の健康を守るためには、適切な体重を維持することが重要です。

しかし、愛犬が適切な体重を保っているのか、肥満になっているのかを見分けるのは難しいかもしれません。

そこで、ここでは犬の肥満を見分けるための方法についていくつかご紹介いたします。

まず、肥満の見分け方として一番手っ取り早いのは体重を測ることです。

あらかじめ獣医師の話や専門書籍などから、愛犬の理想体重を知っておくことが大切です。

その理想体重と実際の体重を比較してみましょう。

体重が理想体重よりも5%以上多い場合は、肥満と判断されます。

次に、体脂肪計によって体脂肪率を測る方法があります。

体脂肪率が25%以上の場合には、肥満のサインと言えるでしょう。

そして、一番視覚的で簡単な方法は愛犬の体型を直接確認する方法です。

特に犬の腰のくびれと肋骨に注目します。

腰にくびれがない、肋骨が触れない場合は肥満の兆候かもしれません。

しかし、これらはあくまでも一般的なガイドラインであり、犬種や年齢、性別により理想的な体重や体型は異なります。

ある犬種は、体脂肪率が25%を超えても健康な場合がありますし、体重が理想体重の5%以上増えても肥満とは言えない場合もあります。

また、老犬や妊娠中のメス犬などは、通常の体型や体重とは異なる状態が見られることもあります。

そのため、愛犬が肥満になっているかどうかを確かめる最良の方法は、やはり定期的に獣医師に診てもらうことです。

獣医師は愛犬の健康状態を全面的に評価し、適切な体重や食事量をアドバイスしてくれます。

犬を痩せさせる方法とは?

犬を痩せさせる方法

誰でも愛犬には、いつまでも元気でいてもらいたいものです。

そのために太り気味の犬にはダイエットをしてもらわなければなりません。

しかし、愛犬が肥満になった場合に急激に食事量を減らしたり、過度な運動をさせることは逆効果になります。

体重の減少は徐々に、そして健康的な方法で行うべきです。

適切な食事と適度な運動を続けていくことが、愛犬を健康的な体重に戻し、長生きさせる鍵となります。

犬を痩せさせるためには、正しい食事と適度な運動が必要不可欠です。

食事のカロリー管理

まずは、食事の管理についてですが、カロリーの過剰摂取は肥満の最大の原因です。

そのため、犬が必要とするカロリー量をしっかり把握しておくことが大切です。

その量は犬の種類、年齢、体重、活動レベルなどによって異なります。

食事回数の管理

食事の回数管理も重要なポイントです。

一日に一度だけ大量に食べるのではなく、一日に数回に分けて小分けにして食事を与えると、食事後の血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪の蓄積を抑えることができます。

適度な運動管理

適度な運動は体重管理にとって非常に重要です。

犬の種類や年齢によって適切な運動量は異なりますが、一般的には、毎日の散歩や家での遊びが必要です。

散歩は犬の運動量だけでなく、精神的な満足感も満たされます。

また、犬と飼い主の絆を深める大切な機会でもあります。

パピーや活動的な犬種の場合には、散歩だけでは十分な運動量を確保できないため、積極的に遊びも取り入れてあげましょう。

注意点として適度な運動は良いことですが、犬に無理な運動を強いると、逆に健康に悪影響を及ぼすことがあります。

運動中も常に犬の様子を観察し、適度な休息を取るように心掛けましょう。

また、新しい運動を導入するときや、運動量を増やすときは、ゆっくりと段階的に行いましょう。

特に高齢の犬や体調の悪い犬の場合には、突然運動量を増やすと体に負担をかけ、逆効果になることがあります。

さらに適切な水分補給も忘れないようにしましょう。

犬も運動をすれば、人間と同じように水分を大量に失います。

適切な水分補給を行うことで、熱中症のリスクを減らし、健康を維持することができます。

高品質なドッグフード選び

犬のダイエットに大切な事は、食事制限と適度な運動だけではなく、栄養バランスを考えた食事も必要不可欠です。

そのためには当然、ドッグフードの選び方も重要です。

高品質なドッグフードは、犬に必要不可欠な栄養バランスを考えて作られている為、適量を食べることで栄養バランスを保ちながら、犬を満足させることができます。

その結果、過食を防ぎ、体重管理を容易にします。

逆に安価で粗悪なドッグフードは、タンパク質などの栄養素が少なく、穀物などでかさ増しされているようなものが多いものです。

また、人間の食べ物を与えることは控えましょう。

人間の食べ物は犬にとって適切な栄養バランスを提供できず、カロリーや塩分なども高いことが多いものです。

愛犬の健康を守るために、バランスの良い食事と適度な運動を心掛けましょう。

犬の太り過ぎまとめ

犬の太り過ぎ
  • 犬の太り過ぎは、体脂肪が増え胸郭を圧迫し、呼吸が浅くなる問題が起こる事がある。
  • 犬の肥満が原因で発生する可能性がある病気には、糖尿病、心臓病、関節炎、呼吸器系の問題などが挙げられる。
  • 犬の肥満度は犬種や年齢、性別により理想的な体重や体型が異なるためしっかりと知識をつけておく事が大切。
  • 犬のダイエットには、食事の管理、高品質なドッグフード選び、適度な運動などが必要不可欠となる。

今回は犬の太り過ぎに関する疑問についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の世話