犬がブラシを嫌がる理由とブラッシングを嫌がらない方法とは?

※この記事では広告を表示しております。

犬がブラシを嫌がる理由とブラッシングを嫌がらない方法

犬がブラシを嫌がる理由は?

犬がブラッシングの時に逃げるのは痛いから?

犬はブラッシングしないとどうなる?

犬がブラッシングを嫌がらないようにするには?

こんな犬がブラシングを嫌がる理由と対処法についてご紹介いたします。

犬がブラシを嫌がる理由は?

犬がブラシを嫌がる理由

犬がブラシを嫌がる理由の一つにブラシの種類や使い方が犬に合っていないというケースがあります。

犬の毛質や毛長に合わないブラシを使ってしまうと犬に不快感を与え嫌悪感を抱かせてしまう事があります。

特に短毛種の犬に対して長毛種用のブラシを使うとブラッシングに痛みを伴うため、犬はブラッシングを避けるようになります。

また、ブラッシングの頻度が犬にとって適切でない場合もブラッシングを嫌がる理由になる事があります。

毛が絡まりやすい犬は、ブラッシングの頻度が少なすぎると絡まった毛をとることが痛みを伴うため、ブラッシングを嫌がる傾向があります。

犬の性格もブラッシングを嫌がる原因になる事があります。

内向的な犬は新しい物や人に対して警戒心が強く、ブラッシングという新しい経験に戸惑ってしまいます。

また、犬が病気や怪我をしている場合、ブラッシングは痛みを伴うため、嫌がることがあります。

皮膚病や関節炎などの病気、あるいは身体に怪我をした状態では、ブラッシングが痛みを引き起こすため、犬はブラシを避けようとします。

以上のように犬がブラッシングを嫌がる理由は様々です。

犬がブラッシングを嫌がる理由は個々の経験や体調、性格によるため、一概に全ての犬に共通する理由を挙げることは難しいものです。

大切な事は、犬がブラッシングを嫌がる理由を理解し、その原因に対応する方法を見つけることです。

ブラシの選び方に問題がある場合は、犬の毛質に合ったものを選ぶようにしましょう。

ブラッシングの頻度については、犬の毛質や状態に応じて調整することが大切です。

また、病気や怪我が原因でブラッシングを嫌がる場合は、獣医師の助けを借り、犬の健康状態を改善させることが求められます。

犬がブラッシングを嫌がる理由を理解し、適切な対応を行うことで、犬にとってストレスフリーなブラッシング環境を提供することができます。

そうなれば、犬もブラッシングを快適に受け入れ、その結果、犬の健康や美しい被毛の維持につながるでしょう。

犬がブラッシングの時に逃げるのは痛いから?

犬がブラッシングの時に逃げるのは痛いから?

犬がブラッシングの際に逃げる理由の一つとして、痛みを感じているからという可能性があります。

犬の皮膚は人間の皮膚よりも薄く敏感です。

そのため、硬いブラシや強くかけられたブラシの刺激は、犬にとって痛みを伴うことがあります。

さらに、抜け毛や毛玉が絡まっている場合、その部分をブラッシングするとさらに強い痛みを感じることがあります。

痛みの他にも、ブラッシングにストレスを感じて逃げてしまう犬もいます。

犬にとって不快な場所でのブラッシングやブラッシングの時間が長すぎる、ブラッシングの頻度が多すぎるなど、犬がストレスを感じる要素は様々です。

犬はブラッシングしないとどうなる?

犬はブラッシングしないとどうなる?

犬がブラッシングを嫌がるのなら、しない方がいいのか?

ブラッシングをしないとどうなるのか?

犬のブラッシングを怠ると、さまざまな問題が生じる可能性があります。

まず、抜け毛が家中に散らばるため、掃除が大変になります。

この問題は、見た目だけでなく、抜け毛が家具や衣類に付着し、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

また、抜け毛がたまることで毛玉が形成されやすくなります。

毛玉は寄生虫の隠れ家となりやすいため、ブラッシングで予防することが重要です。

さらに毛玉が形成されると皮膚の汚れが溜まりやすくなり、炎症や感染症などの皮膚病のリスクも高まります。

ブラッシングは皮膚の汚れを取り除き、皮膚の血行を促進するため、皮膚の健康を維持する効果があります。

そのため、ブラッシングを行わないと、皮膚の汚れが蓄積し、皮膚病の原因となる可能性があるのです。

また、ストレスが溜まることで犬が問題行動を起こす可能性もあります。

ブラッシングは犬にとってリラクゼーションの時間であり、その時間がなくなるとストレスが溜まり、異常行動を起こす可能性があります。

犬がブラッシングを嫌がらないようにするには?

犬がブラッシング嫌がらないようにするには?

ブラッシングに様々なメリットがあるのなら、是非定期的にブラッシングをしてあげたいものです。

しかし、嫌がるようではブラッシングをする事が出来ません。

どうしたらブラッシングを嫌がらずにしてくれるのでしょうか。

まずは、犬がブラッシングを嫌がる理由を理解することが大切です。

犬が怖がる、痛みを感じる、嫌な経験をしたなど、犬がブラッシングを嫌がる理由は様々です。

その理由を理解し、対応することで、犬がブラッシングを嫌がらないようにすることが出来ます。

犬がブラッシングを嫌がらないようにするための方法はいくつかあります。

最適なブラシを選ぶ

まず、ブラシの選び方について考えてみましょう。

ブラッシングが痛いと感じる場合は、ブラシを変えてみることをおすすめします。

犬にとって適したブラシを選ぶことで、ブラッシングの痛みを軽減することができます。

スリッカーブラシは全犬種に対応できるためブラシの定番とも言われています。

スリッカーブラシは細かい針が毛の根元付近までしっかり届き、効果的に抜け毛の処理が行えます。

しかし、フレンチブルドッグやパグ、柴犬などの短毛種ではスリッカーブラシを痛がる犬もいますので、そのような時にはラバーブラシを使用しましょう。

硬いブラシは犬の皮膚に刺激を与え、痛みを感じさせる可能性がありますので、柔らかいブラシを選ぶことをおすすめします。

ブラッシングの力加減も大切

ブラッシングの力加減も快適なブラッシングには欠かせません。

力を入れすぎると犬の皮膚に痛みを与える可能性があるため、軽く、優しくブラッシングすることが大切です。

特にスリッカーブラシを皮脂に押し付けるように使用してしまうと犬が痛みを感じてしまいます。

スリッカーブラシは皮膚に届かないギリギリくらいの場所までとしましょう。

ブラッシングによるマッサージ効果を求めるにはラバーブラシなどを使うことをお勧めします。

毛並みを整えるブラシと皮膚のマッサージをするブラシを使い分けることで、犬がストレスや痛みを感じにくいブラッシングを行うことができます。

ブラッシングの時間や頻度も考慮する

ブラッシングの時間を調整することも重要です。

長時間のブラッシングは犬にとって疲れやストレスとなる可能性がありますので、短時間で終わるように心掛けましょう。

無理にブラッシングを続けると、犬がストレスを感じ、逆にブラッシングを嫌がる原因となります。

また、犬がブラッシングを嫌がる時間を避けることも重要です。

特定の時間帯に不快感を感じる場合、その時間帯にブラッシングを行わないようにしましょう。

たとえば、食後すぐや運動後すぐは犬にとってストレスを感じやすい時間帯なので、ブラッシングは避ける方が良いでしょう。

逆に、リラックスしている時間帯や眠る前などに行うと、犬はブラッシングを快適に感じやすいです。

そして、ブラッシングの頻度についても調整が必要です。

犬の毛質や健康状態により適切なブラッシングの頻度は異なりますので、犬の様子を見ながら適切な頻度を見つけましょう。

ブラッシングの環境作りをする

犬がストレスを感じずにブラッシングを受けられるように、ブラッシングの環境作りも重要です。

静かで落ち着いた場所で、犬がリラックスできる時間帯にブラッシングを行うことをおすすめします。

また、犬がブラッシングを楽しむようにすることも重要です。

ブラッシング中に犬に話しかけたり、おやつをあげたりすることで、ブラッシングを楽しい時間に変えることができます。

ブラッシングの体制も考える

犬がブラッシングを嫌がる体勢を避けることも大切です。

一部の犬は特定の体勢でブラッシングされることを嫌がることがあります。

そういった場合は、犬がリラックスできる体勢を見つけるか、あるいはブラッシングの体勢を少しずつ変えて慣らしていくと良いでしょう。

犬がブラッシングを嫌がる理由と対処法まとめ

  • 犬がブラシを嫌がる理由の一つにブラシの種類や使い方が犬に合っていないというケースある。
  • 毛が絡まりやすい犬は、ブラッシングの頻度が少なすぎると絡まった毛をとることが痛みを伴うためブラッシングを嫌がるようになる。
  • ブラッシングをしないと毛玉が出来てしまううえ、皮脂の汚れがたまり皮膚病や感染症の原因となることがある。
  • 犬がブラッシングを嫌がらないようにするには犬が嫌がる理由を理解し、適切な対応をすることが大切。

今回は犬がブラッシングを嫌がる理由と対処法についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の世話